美しく健康的な髪を目指す女性に人気なのが、「高濃度炭酸オイルシャンプールメント」です。

ルメントは使い勝手も良く効果も高いことから多くの方に人気となっています。

さて、では髪を健やかに美しく保つためには日ごろどのような事に気をつけていくのが良いのでしょうか??

髪を美しく見せるには、髪の色合いも深く関係してきます。

どのようにカラーリングをして髪を美しく見せるのか?

ここではそんなカラーリングについてのおススメのやり方と注意点についてご紹介していきます

 

あなたをきれいに見せるヘアカラーの色の決め方・

ヘアカラーのやり方と種類

ヘアカラーには、ヘアダイ、ヘアマニキュア、カラーリンス、そして一時的に使用するスティック、マスカラタイプ、クリームタイプなどがあります。

これらはすべて、ドラッグストアで売っていますが、ヘアダイやヘアマニキュアはなかなかうまく染まらないため、美容院に行く人が多いですね。

カラーリンスやスティック、マスカラタイプ、クリームタイプなどは、手軽にできるので愛用している人がたくさんいるのでは?

種類別の効果や使い方

これらは、目的や色のつき方に違いがあります。

色を塗るものには、ペンキ、絵の具、墨汁、クレヨンなどがありますが、これとへアカラーは同じように分類されます。

その種類別で特徴と使い方についてご紹介します

ヘアダイの特徴

アクリルの板にそれらの塗料をつけ、乾いたら水で洗い流してみます。

すると、ペンキは、落ちません。そのまま残っています。

これがヘアダイに価します。

ヘアマニキュア・カラーリンスの特徴

絵の具、墨汁は流れ落ちますが少し残ります。

これがヘアマニキュアやカラーリンスです。

スティック・マスカラ・クリームタイプの特徴

クレヨンは流しても落ちませんが、こすると取れてしまいます。

これが一時的なスティック、マスカラやクリームタイプです。

各種類の使い方やカラー選びのコツ

このような違いを理解して使い分けるといいでしょう。

完全に色を変えるときにはヘアダイ、少しずつ変えてみたいときはカラーリンス、部分的、あるいは一時的に色をつけたい場合は、スティックやマスカラタイプといった具合に・・・。

ヘアマニキュアは、髪をコーティングして守ってくれるので、色は変えたいけれど髪を傷めたくないときには最適です。

色を決めるときには、肌色で判断します。

洋服の肌映りと同じように、髪の色も判断しましょう。

すべての肌色に似合うのはブラウンです。

色白の人にはゴールドやバイオレット、レッド、グリーン系のブラウンがおすすめ。

小麦色や肌色が濃い人には、オレンジやアッシュ(グレイ)系をプラスします。

さまざまな色にトライして自分に似合う色を探すのもいいでしょう。

ただし、赤色系統でカラーリングした髪をすぐに別の色にしたい場合は、染まりにくいので注意してください。