髪を健やかに保つのに効果的気と人気な高濃度炭酸オイルシャンプー「ルメント」ですが、

ここでは髪を健やかに保つためのコツと、ルメントについてご紹介していきます

是非ルメントでケアし、美髪を目指してください!
 

髪をツヤツヤにする日々のケア

髪に一番大切なのは、ブラッシング。

ブラッシングに使用するブラシの素材に最適なのは豚毛、次に豚毛とナイロンの混合です。

このブラッシングがヘアケアの基本となります。

シャンプー前に入念にブラッシングをしましょう。

ブラッシングするだけで、地肌と髪の汚れやほこりも取れやすくなります。

また、頭皮にトリートメントオイルをなじませてからシャンプーをすれば、頭皮を傷めず皮脂を取りすぎないでしっとりとさせることができます。

シャンプー後のトリートメントは、三日に一回くらいにしましょう。

毛先を中心にもみこむようにします。

やりすぎると、髪がベタッとしがちです。

バスタイムではボディーを洗う前にルメントでシャンプーをして、トリートメント剤を髪全体にもみこみフィルムラップで頭を巻いて、10~15分くらいおいてから洗い流します。

トリートメントの効果を発揮させるには、すりこむ、もみこむことを入念に行い、ある程度の時間をかけてしっかりと深部まで浸透させることです。

そのあとの洗い流しも丁寧にします。

ここで流し方が足りないと髪が重くなり、かえってほこりや汚れが付着し、傷みの原因になります。

洗ったあとは、タオルドライをきちんとしましょう。

それから、ヘアドライヤーで完全に乾かします。

そうしないと、髪の乾燥を招きます。

そして、もう一度丁寧にブラッシングを。

こうした日々の努力が、ツヤツヤの髪を作ります。

乾燥気味の人にオススメなのは?

乾燥しやすい髪質の人は、全体的なブラツシングのあとにヘアクリームやトリートメントタイプのムースをつけて、さらにブラッシングをすると、髪に潤いを補給できます。

ブラッシングに抵抗がある人は、パーマのカールが取れてしまうのではないかと心配するようです。

が、ブラッシングでは取れません。

ご心配なく。

抜け毛切れ毛の気になる人も、ブラッシングはマイナスではなく、断然プラス。

その症状がなくなることを思い描きながら、がんばりましょう。

高価なシャンプー、リンスが髪にいいとは限らない

いかにも高価そうなボトルのシャンプーやリンスは、傷みやすい髪質の人にとってはスキンケア化粧品以上に期待をしてしまい、大枚をはたいても試してみたいものです。

また、美容室専用、プロ仕様というものはある程度、高価格になっています。

それだけに、確かにいいものもあります。

けれども、シャンプーやリンスはどんなに高価でも、髪質に合わせて使用しなければまったく効果は発揮しません。

ですから、外国で購入すると髪質が日本人とまったく違う国の製品であれば、合わないことになります。

外国ブランドのものでも、日本で発売されているものは髪質に合わせて処方は変更されています。

このことはスキンケア化粧品以上にはっきりしているので、日本人向けに作られた製品を使ってください。

シャンプーをするときに大切なのは、髪の汚れもさることながら、地肌の汚れをきれいに落とすことです。

そうしないと、新しい健康な髪の育成ができません

シャンプー、リンスは、このくらいまでなら出してもいいという基準をあなたなりに設けて購入してみましょう。

シャンプー、リンスをしたあとに髪がきしみ、ブラシの通りがよくないものは髪質に合っていません。

最低限、ブラシの通りがよく、しかも髪が重くならない適度の潤い感が残るものを選びましょう。

どれを選んだらいいのかがわからないようなら、やはりプロのアドバイスを受けてみてください。

また、ルメントでスペシャルケアするのもお勧めです。

ルメントなら髪も地肌も健康にしてくれる。

サロン使用の高濃度炭酸オイルシャンプーです。

安心してご使用ください

そのうえで、あれこれ替えたりしないでしばらく使い続けてみましょう。

髪質に合っていれば髪のコンディションも変わってきます。

髪の長さや伸びる速さにもよりますが、三カ月くらいでいい結果が得られるはずです。

ですので、欠かすことなくルメントでケアしてキレイな髪を目指していきましょう!