シミやくすみの原因になるお肌に悪い紫外線。

顔や手など表に出ている部分は冬でもしっかり紫外線対策をするのに、なぜか髪は真夏でも紫外線対策を忘れてしまってはいませんか?

髪は太陽に一番近く、最も紫外線を浴びやすいところなのに、なぜか皆さんとても無防備なのです。

髪も紫外線を浴びれば日焼けしますし、それは頭皮も同じこと。

髪が劣化する原因になりますので、しっかり紫外線をカットしたいものです。

せっかくルメントやトリートメントを使ってケアしたところで、そういった対策を怠ると髪はいつまでたっても良くなっていきません。

意外と忘れがちな髪の紫外線対策を徹底して、もっと髪を大事にしてあげましょう!

ここでは紫外線が髪に与える影響と、紫外線の予防方法についてご紹介していきますので是非ヘアケアの参考にしてくださいね♪

 

UVカットを忘れずに!髪の紫外線対策

髪は顔と違って日焼けしてもなかなか気づきにくいのですが、もしかしたらその髪の傷み、パーマやカラーではなくて、紫外線が原因かもしれませんよ?

特に、枝毛や切れ毛が多い人は、紫外線でさらにダメージを与えてしまうと、そのうち髪が変色してしまう可能性もあります。

今のうちに髪もしっかり紫外線対策をしていきましょう!

髪の紫外線カット方法おすすめ

①帽子をかぶる
普通に帽子をかぶるだけでもいいのですが、どうせかぶるなら徹底して紫外線対策が出来る素材のものを選ぶと良いと思います。

安いものだと布に紫外線吸収剤を塗っただけで、洗濯を重ねると段々落ちてきてしまいます。

ですから、最初からUVカット素材で作られている帽子を選ぶと劣化しにくいので安心です!

また、帽子は形も大事で、紫外線はあちこちから降り注いでいるので、顔の方だけつばがあっても紫外線対策にはあまり効果的ではありません。

顔はガードできても髪への紫外線を防げないからです。

では、何がおすすめかというと、いわゆる「女優帽」のように全体につばがあるもの、しかも7cm以上の長さのあるつばのものを選びましょう。

そうすれば顔だけでなく髪もしっかり紫外線から守ることが出来ます。

②日傘で紫外線をカット
髪が長い人は帽子だけでは紫外線を防ぎきれないかもしれないので、日傘も使うといいですね。

日傘を選ぶポイントは、以下のようなものです。

・UVカット加工がされているもの
・生地が厚いもの
・遮光率が高いもの
・内側が黒いもの

たまに、日傘の内側が光沢のある素材でコーティングされているものがありますが、あれは逆効果ですのでお気を付けください。

紫外線は空から降り注ぐもの以外に、アスファルトからの照り返しがありますので、内側がコーティングされたものだと、傘の中で紫外線が反射してそれを浴びることになります。

ですから、内側は紫外線を吸収してくれる黒いものを選びましょう。

ただし、UVカット加工がされていても寿命はだいたい2~3年。

それ以降は段々効果が薄れてくることを考えると、最初から生地が厚めの黒い傘を選んでおく方が安心ですね。

白いレースの傘は日差しを通してしまうので、あまり紫外線対策にはならないでしょう。

③紫外線をカットするスプレーを使う
顔に日焼け止めを塗るなら、髪にも塗りましょう。

顔用の日焼け止めだとベタベタになってしまうので、髪にはスプレータイプの日焼け止めが便利で効果的です。

ただし、塗り込むタイプと違ってどうしても効果が薄れやすいので、数時間おきに塗り直す必要があります。

ですのでお昼と夕方に再度スプレーするといいでしょう。

髪の表面はもちろん、日焼けしやすい地肌も塗るのをお忘れなく!特に髪の分け目は地肌へのダメージが大きいので、ふけなどの原因にもなるいので要注意です!

④髪をまとめておく
紫外線が強い時は髪をまとめるのもおすすめの方法です。

長いままにしておくよりも、紫外線を浴びる面積が小さくなるので、少しでもダメージを減らすことが出来ます。

帽子や日傘がなくても、応急処置として紫外線対策ができます。

⑤海水がついたらこまめに拭き取る
1年のうちで一番髪が日焼けするタイミングといえば、夏の海水浴でしょう。

サーフィンをやっている人でもなければそれほど頻繁に行くことはないでしょうが、海のレジャーの日差しから受けるダメージは桁違いです。

1回のダメージも大きいので、海水浴へ行く時も気をつけたいところです。

髪に海水がついたままだと塩分によって髪がどんどん乾燥してしまいます。

その状態で紫外線を浴びると髪の内部まで深刻なダメージを受けてしまうので、海水に塗れたらすぐに拭き取り、早めに洗い流すようにしてください。

紫外線が髪に与える影響と紫外線の予防方法まとめ

肌の紫外線予防だけでなく、髪の紫外線予防もしっかりし、ケアには「高濃度炭酸オイルシャンプールメント」やトリートメントもしっかり使用し、美しい髪を維持していけるよう、日々取り組んでいってください☆

ここで紹介した内容が参考になれば幸いです。