髪のケアには高濃度炭酸オイルシャンプールメントが効果的ですが、

頭皮や髪を健やかに保つためにはルメント以外にも食生活の改善もとても効果的になってきます。

ここではそんな食事と頭皮と髪の関係性についてご紹介していきます

 

肌と頭皮は同じように扱ってあげましょう

身体の外側、つまり肌と言うのは、食事・栄養の影響が出やすい部分です。

それは頭皮も同じこと。

食生活が偏っていれば、その影響はすぐに肌へと現れるのです。

ですが、顔や手の肌と違って、頭皮というのは普段まじまじと見ることは少ないですよね。

そのため、相当な状態になってからその影響に気が付くケースが非常に多いのです。

そこで、薄毛や抜け毛を防ぐために偏った食生活を見直す必要があるわけですが、何から手を付けたら良いか分からない人も多いと思います。

忙しくて、食事なんて気にしている暇なんてない!

毎日外食かコンビニ、ファーストフードのローテーション!

という人も多いのではないでしょうか?

栄養はバランスが大切

このように、バランスの良い食事を取るということは現代においてなかなか難しいことです。

ですから、「どういったものを食べるか」という点に気を付けてみてはいかがでしょうか。

対して、薄毛や抜け毛、髪の傷みの原因となるのは、血流の収縮です。

これを促進してしまうのが、アルコールやコーヒーなどに代表される、いわゆる「酸性」の食品です。

飲み物以外には、アイス、ジャムなどが挙げられます。

こうした食品は、適度に摂取するぶんには問題ないのですが、あまりにも取りすぎると身体における酸とアルカリのバランスが崩れ、抜け毛・薄毛や髪の傷みを進行させてしまいます。

酸性であることは、頭皮にとって細胞を弱らせる恐れがあり、良い状態とは言えないのです。

もし、毎日高い頻度でコーヒーを飲んでいる人は、薄毛や抜け毛の原因になっているかもしれません。

そういったものを別の飲み物に切り替えるだけで、改善・防止になることは言うまでもありません。

髪に良い食べ物を取ろう

また、ビタミン不足は健康な髪を作る上では深刻な問題です。

特にビタミンA、B、Eなどのビタミンは、それ自体は髪を作るものではありませんが、たんぱく質が髪となるために必要なサポートを行ってくれる栄養素です。

こうしたビタミンは、野菜や魚介類などに豊富に含まれています。

昔から薄毛や抜け毛というものはありましたが、現代においてその悩みを持っている人が急増した背景は、そうしたビタミンを豊富に含んだ食品を食べなくなったことが挙げられます。

血管の収縮や栄養不足というのは、すぐに肌へ反映されますが、それは同時に改善すれば比較的早く反映されるということも意味しています。

じっくりと食生活の改善に取り組めば、それだけで薄毛・抜け毛を防ぐことが出来るようになる可能性があるわけです

この事に気をつけながら、食生活を改善し、日々高濃度炭酸オイルシャンプールメントを使用して髪と地肌を健やかに保っていってくださいね♪