髪の健康とキレイのために高濃度炭酸オイルシャンプールメントを使用して日々ケアしていくことはとてもお勧めです。

ですが、それだけでは追いつかないようになることもあります!

それが、夏場の海水浴に行った時やその時に浴びる紫外線などです!

夏場は特に髪へダメージが加わることが増えますので、その時のために気をつけたいポイントをここではご紹介していきます!
 

海の塩分は髪にダメージを与える?

海やプールで泳いだ後は髪がパサパサになってしまったと感じた経験のある人は多いと思います。

ほとんどの人が一日一回、入浴時に髪を洗いますが、その度に髪がパサついたと感じることはありません。

つまり髪は濡らしたからといってパサつくことは無いのです。

海やプールで髪がパサついてしまう原因は、海水の塩分やプールの塩素にあるのです。

海水の塩分で傷む髪

海水は当然塩分が含まれる、いわゆる塩水です。

つまり海水に髪をつけるということは髪を塩もみ洗いしているのに近い状態です。

例えばキュウリを塩もみするとキュウリの水分が抜けてしまいます。

髪を海水につけるのもそれと同じで髪の水分が抜けてしまい、パサパサになります。

さらに髪の水分と一緒に髪の栄養も抜けてしまうため、髪が傷んでしまうのです。

さらに海水は、髪の表面を保護するキューティクルを剥がしてしまう作用もあります。

そして海水浴に行くのは多くの場合夏の晴天時です。

直射日光による紫外線が海水によって傷んだ髪にさらなるダメージを与えます。

まさに髪にとっては踏んだり蹴ったりの状態です。

プールの水に含まれる塩素もほとんど同じような作用があります。

海水で傷んだ髪は素早くヘアケア

海水浴や水泳はとても楽しい趣味やスポーツですが、髪には確実にダメージを与えます。

髪の健康を考えるなら海やプールに潜らないのがベストです。

しかし、楽しみにしていた海水浴を髪の都合で諦めるのも寂しい話です。

そこであらかじめ海やプールで泳いだ後のダメージケアを準備しておいて、髪へのダメージを最小限に抑えることをオススメします。

事前にできるヘアケア

事前にできるケアとしては洗い流さないトリートメントをつけておき、泳ぐときはスイムキャップをかぶって髪を保護することです。

スイムキャップは水を通さないシリコン製がベストです。

スイムキャップが無い場合、髪が長い人は結んでまとめるだけでもある程度のダメージ軽減効果はあります。

泳いだ後はなるべく早くシャンプーで髪を洗うことが大切です。

ここで大切なのはとにかくスピードになります。

泳いだ後に利用するシャワー室でシャンプーしてしまうのがベストです。

以上のように、海水やプールの塩素は髪にかなりのダメージを与えるため、海水浴やプールの際は髪のダメージケアを徹底するようにしましょう!

紫外線が髪に与えるダメージ

そして夏の髪の天敵といえば、紫外線ですよね。

実は、髪の毛は顔の5倍以上も紫外線の影響を受けているのです。

8月はUV指数が最も高く、人体に悪影響を及ぼす可能性が高い月になります。

uvの種類

uvにはa・b・cがあります。

それぞれの特徴についてご紹介します。

uv‐a

太陽から届く紫外線のうち大部分を占めるのがuv‐aです。

uv-aは窓ガラスを透過して肌の奥まで届きます。

uv-bほど危なくはありませんが、長時間浴びると危険です。

uv‐b

約5%地表へ到達し、皮膚や目に影響を与えます。

uv‐c

オゾン層で吸収され地表には到達しません。

SPFやPA表示について

SPFはuv-bを防ぐ効果を表したもので、PAはuv-aを防ぐ効果を表したものです。

髪が紫外線を浴びすぎるとどうなるかご存知ですか。

髪は紫外線に当たると髪の中の構造に変化がおきます。

髪の中にあるアミノ酸が別の物質に変化して、ダメージを受けてしまうのです。

健康な髪の時はアミノ酸同士が仲良く手を取り合って綺麗を維持していますが、紫外線を浴びるとアミノ酸は手を取り合えなくなります。

そうなると髪はうねり始めます。

さらに、紫外線を浴びすぎるとくせ毛になりやすくなります。

紫外線は髪の色素まで破壊する力があるので、色も明るくなりやすく、また枝毛・切れ毛の原因にもなります。

そういったダメージから髪を守るためには、しっかりケア・予防することが大切です。

紫外線から髪を守る方法

トリートメントして髪をしっかり保護してあげましょう。

紫外線専用のアウトバストリートメントもあるので、ぜひ活用してもらいたいアイテムです!

日差しが強すぎる時は帽子も効果的です。

髪をまとめるのも良いでしょう。

夏になると海にも行きたくなりますよね。

しかし、先ほどもお話ししましたが、海に髪が浸かるのも髪のダメージに繋がります。

そのため、海で思う存分遊んだら、速やかにシャワーで髪についた海水を取ってあげてください。

海水が髪に残留してしまうとさらにダメージが進行して、扱いにくい髪になってしまいます。

しっかり流した後のアフターケアも忘れずに行いましょう!

髪の紫外線対策こそが美髪への第一歩です。

効果的なヘアケアで夏のダメージを軽減させて、美しい髪を保ちましょう!

そのためにもルメントで日々ケアしておくことも効果的ですのでおススメです!