最近何かと話題のノンシリコンシャンプー

薄毛や抜け毛にも良いといわれていますが、ノンシリコンといっているものがすべて髪や頭皮に良いというわけではありません。

このサイトでもご紹介している「高濃度炭酸オイルシャンプールメント」もノンシリコンシャンプーになります。

では、ノンシリコンであれば何でもよいのかというと、そういうわけでもありません。

その特徴などをしっかり理解してから買わないと意味がありませんので、ノンシリコンシャンプーとはどのような性質があるのか、本当に髪に良いのかなど、ここでは詳しく解説するとともにご紹介していきます。
 

そもそもノンシリコンシャンプーってどんなもの?

あなたはノンシリコンシャンプーとはどのようなものか、と聞かれたら正しく答えられるでしょうか?

ノンシリコンとは、「シリコン」が入っていないという意味。

ノンシリコン=髪に良い、という事ではなくて、ただ単にシャンプーに「シリコンが入っていない」という意味です。

シリコンが入っていなければ何でも「ノンシリコンシャンプー」ということなのです。

ですが、実は中にはノンシリコンといいながら、シリコンと似たような働きの成分が入っていることもあるので注意が必要です。

たとえばシリコンの代わりに、ジステアリルジモニウムクロリド、ステアラミドエチルアミン、などが入っていれば、それはシリコンの代わりのカチオン剤という成分です。

ですから、ノンシリコンだからという観点だけでシャンプーを選ぶのはあまり意味がないといえます。

シリコン=悪?意外と知らない誤解

では、よく「シリコンが毛穴を詰まらせる」といろんなところで言われていますが、じつは、シリコンで毛穴は詰まらないのです。

シャンプーの主成分は水と洗浄成分で、そこに微量のシリコンが入っているからといって、それだけが原因で毛穴が詰まることはほぼないのです。

頭皮環境が悪化するのにはいくつか原因があって、洗浄力の強すぎるシャンプーを使って頭皮が乾燥していたり、シャンプーやトリートメントの洗い残しで頭皮トラブルがきている・ゴシゴシ力を入れて洗っている、などが重なり合ってトラブルが起きているのです。

つまり、洗い残しの石けんカスや洗い過ぎがいけないのであって、シリコンが頭皮や髪に悪い、というのは実は誤解なのです。

シリコンが原因ではなく、むしろ洗浄成分が頭皮への刺激となっていることが原因の事の方が多いのです

ノンシリコン=無添加というわけではない

ノンシリコン=髪に良いと、なぜか思っている人も多く、ノンシリコンは素材がいいとか、オーガニックだとか勘違いされやすいのですが、それは違います。

ノンシリコンとは単にシリコンが入っていないというだけの意味であり、無添加とノンシリコンは違います。

もちろん、無添加でオーガニックで天然成分を使ったノンシリコンもあります。

そこまで素材を考えてシャンプーを選べば良いのですが、ノンシリコンという言葉だけにだまされてはいけません。

ノンシリコンシャンプーって髪と頭皮にどんな効果があるの?

では、ノンシリコンシャンプーは髪や頭皮に良くないのか?そういう事を言っているわけではありません。

質の良いノンシリコンシャンプーを使えば頭皮も髪も健康になって、余計なケアが必要なくなるので、是非ともおすすめしたいのです。

ここではあくまでも良質な素材を使ったノンシリコンシャンプーを使った場合、という前提でお話ししますが、そういったものを使うと以下のような効果が期待できます☆

髪がサラサラになる
シリコンのような、髪のツルツル感はありませんが、ノンシリコンの場合は髪の手触りはサラサラになります。

さらっと軽くなるので、その手触りがクセになる人もおられますね。

髪自体が健康になってくればもちろん自然にツヤも出てきますし、髪本来の自然な輝きを取り戻すことができます。

髪に自然なボリュームが出せる
シリコンのコーティングがない分、髪がふんわり仕上がるので、自然なボリュームを出すことができます。

髪が細くてへたってしまう人やトップのボリュームが欲しい人にはおすすめです。

しっとりし過ぎないことがノンシリコンのメリットなのです。

頭皮環境を改善してくれる
ノンシリコンシャンプーは洗浄成分が強力ではないため、頭皮の皮脂を取り過ぎないというメリットもあります。

汚れと余分な皮脂は落としながらも、必要な皮脂は残してくれるので、乾燥による頭皮トラブルが改善されます。

とはいえ、髪が乾燥しがちな人はしっかり頭皮の保湿もした方がいいので、お気を付けください。

いい洗顔料で顔を洗ったからといって保湿が不要にならないのと同じです。

いいシャンプーで頭皮を洗ったら頭皮ケア用のローションなどの浸透も良くなりますから、しっかりケアしてくださいね。

髪が芯から健康になる
髪に優しい洗浄成分と、余計なコーティングをしないことで、髪が健康になろうとする力を取り戻していきます。

トリートメントの有効成分を髪が浸透しやすくなるので、髪が芯から潤い始めるのです。

髪の健康を取り戻すには数日では難しく、人によっては数ヶ月かかりますが、使い続けることでその効果が実感できるかとおもいます。

泡立ちが悪いが、そのおかげで洗い残しが少ない
良質なノンシリコンシャンプーは洗浄剤の成分にもこだわり、余計な成分を入れていないので泡立ちがあまり良くないものもあります。

ですが、頭皮環境を改善するにはそれが逆にメリットになります。

泡が立ち過ぎないので、洗い残しが少なくすみ、頭皮へのダメージが少ないということです。

洗い上がりもすごくさっぱりしていますし、頭皮をスッキリ洗い上げます。

パーマやカラーがしっかりかかる
トリートメントの効果が高まるのと同じ理由で、パーマやカラーの効果も出やすくなります。

それは薬剤の浸透が良くなるからです。

シリコンが髪についてないと髪も軽くなるので、カールの持ちも良くなるんです。

パーマがすぐに落ちてしまうという方は、ノンシリコンシャンプーに変えてみるといいかもしれないですね。

ノンシリコンシャンプーを使う時の注意点

ノンシリコンシャンプーの効果をしっかりと得るためには、使い方にも注意が必要ですので、使用するうえでの注意点をご紹介します。

髪が傷んでいる人はすぐに使わないようにする

ノンシリコンシャンプーは誰にでもあうわけではありません。

枝毛、切れ毛が多い人はコーティング力がないことがデメリットになってしまうこともあるので注意が必要です。

あまりに髪のダメージがひどい状態では使わない方が無難です。

まずはヘアケアをしっかりして、ある程度健康な髪になってからノンシリコンを使った方がいいでしょう。

ノンシリコンシャンプーの素材をしっかり見て選ぶこと

シャンプー選びは素材選びといっても良いぐらいに何よりも洗浄成分が大事です。

アミノ酸系シャンプーなど髪に優しい成分を選ぶようにしてください。

オーガニックシャンプーもいいのですが、天然=安全ではないのでアレルギーなどの注意が必要です。

天然の素材が自分に合うかどうかは使ってみないと分からないので、ルメントを使用する際もそのあたりは十分に注意して使用してみてくださいね!

万が一使った時に肌などに炎症ができ、ひどいようでしたら直ちに使用するのをやめて、医師に相談の上引き続き使用しても大丈夫かご判断ください。