きれいな人と言われたら皆嬉しいものですよね?

ではどのようにすれば「きれいな人」と思ってもらう事ができるのでしょうか?
 

「美人」になるより「きれいな人」になりなさい

女性はもちろん男性も、だれもみな、美しくありたいと願っています。

ではその「美しさ」の正体とはどんなものでしょうか。

ちょっと考えてみませんか。「美人」と「きれいな人」は、いずれも広い意味で「美しい」ことですが、そのニュアンスは少し違うように思います。

みなさんもそのことをなんとなくわかっていて、「あの人は美人ね」というときと、「きれいな人ね」というときでは無意識に使い分けをしているのではありませんか。

美しさとは、形の美だけではありません。

全身からただよう雰囲気が大きな意味をもっているのです。

目鼻立ちがととのっていれば、それは確かに「美人」といえますが、そういう人は少数派ではないでしょうか。

女優さんのような美形を望んでも無理という人でも、「きれいな人」にはなれます。

見目形の美しさは親からゆずり受けたものですが、「きれいな人」は自分でつくり出すものです。

すてきな雰囲気をもった女性になれれば、それは「きれいな人」になれたということです。

あなたのまわりにも、「美人」ではないけれど「きれいな人」はいると思います。

そういう人をよく観察してみるとよいでしょう。

きっと、いい感じの雰囲気をもった人だと思いますよ。

そして、ある共通項を発見することでしょう。「きれいな人」とは、魅力的な人のことなのです。

「きれいな人」といわれる努力を

ひとつここで、小説の中からの話を紹介しましょう。

『赤毛のアン』(モンゴメリー作)という小説がありますが、大勢の人が読んでいることと思います。

アンという少女は、赤毛でそばかすだらけですが、とても魅力的な性格で、みんなに愛されています。

アンの少女時代は、ふつうの女の子と同じように自分の赤毛のことで悩んだりします。

しかし、少女からおとなの女性へと成長していく過程で、美しくなっていきます。

アンは、けっして美人ではありません。

「アンはきれいじゃないよ」と聞いた人が初めてアンに会うと、「なんてきれいな人だろう」という印象をもちます。

反対にアンがきれいだと聞いていた人が、やはり初めてアンに会うと「きれいじゃない、ふつうじゃないか」と思うのです。

アンがそれぞれに与えた印象の違いは、「きれいな人」に対する人々の先入観と期待感によるものです。

人の見方は、こんなふうに変わるものだということをよくあらわしています。

魅力的な自分になるように努力することは、あなたの「きれい」をランクアップします。

あなたの中の「きれい」を見つけましょう

あなたは「美人」になりたいですか、「きれいな人」になりたいですか?

こう質問されたら、ほとんどの人が「きれいな人」と答えるのではありませんか。

みなさんは、「きれいな人」という言葉の中に含まれている「魅力的な人」のイメージに、もう気づいていると思います。

「きれい」は外見の美しさをいいますが、「魅力」は中身のよさを意味します。

あなたも、この「魅力」を手に入れれば、「きれいな人」の仲間入りができるというわけです。

そして、どんな人にも魅力的な部分はあるのです。

でも、いま「美しくなりたい」と願っている人に、「内面をみがいて魅力的な人になれば、きれいになれますよ」といっても、説得力はありません。

そこで私は、あなたの中の「きれい」を見出すための手伝いをしたいと思います。

そのいちばんの近道が、素肌美人です。

透けるようなきれいな肌の人は、それだけでもう「きれいな人」といえます。

あなたのチャームポイントは、どこですか?

あるとき、若い男女が立ち話をしている光景を見かけました。

女性がなにやら一生懸命に話をして、男性が耳を傾けています。

女性は、どちらかというと美人ではありません。

でも、ちょっと賢そうです。

ふと男性を見ると、彼は女性の口元をじっと見つめています。

私も思わず女性の口元に目をやりました。とてもかわいい、魅力的な口元で、薄く口紅がついています。

そして、女性が笑顔になると、顔全体がとてもかわいらしくなります。

男性が、女性の口元から目を離せなくなった理由がわかりました。

人は、話し相手の顔を見るとき、強い印象を与えられる部分に、どうしても目がいってしまいます。

にきびを気にしてほおを手でかくすようにして話す人を見ると、私たちはかえってにきびに目をやってしまう、という経験はありませんか?それと同じです。

この女性のチャームポイントは、口元です。

それだけで、男性は「かわいいな」と思ってしまうのです。

必ずしも顔立ちのととのった美人でなくても、人を魅了することができます。

むしろそのほうが好ましいといえます。

では、あなたのチャームポイントは、なんでしょう。

清潔感こそ人の目をひきつげる

私は、透けるような素肌をチャームポイントにすることを提案します。

素肌の美しい人、これは年齢に関係なく、さらに性別にも関係なくきれいといわれ、人の目をひきつけます。

私は、どんなに美人といわれる人に会っても、まずその人の素肌が気になり、知らず知らずに観察してしまいます。

あるとき、「どんな女性が好きですか」とたずねられました。私は、「清潔感のある人です」と答えたのです。

するとさらに、「それは、どういう人のことですか」と聞かれました。

そこで、質問者も知っているAさん、Bさんなどの名前をあげていったときに気づいたのです。

清潔感を感じる人たちの共通点、それはみな肌の美しい素肌美人といわれる人たちでした。

Aさん、Bさん、ご本人のことはまったく知りませんが、少なくとも外見のイメージは、とても素肌のきれいな人たちです。

やはり、とてもお得なのが、素肌美人ということではないでしょうか。

この素肌美人は、毎日のちょっとした心がけで今すぐにもなれるのです。

そして、いつまでもきれいな若々しい肌を手に入れることができるのです。